トップ
予防接種の副作用、薬に頼らない方法など、子供の病気を中心とした育児サイトカンガエルーネット
育児サイト『カンガエルーネット』の紹介
携帯向け
 
 
(
 ゲスト
>>ログイン

メニュー
スレッド順
新規投稿
ヘルプ
 
  
(
 ユーザ登録
 
(
 掲示板
 
(
 副作用
 
(
 看病記録
 
(
 アンケート
 
(
 イベント情報
 

No.506 : Re: 予防接種は受けてください
( 返信 )
 まつ  父親父親 [お子さん1人] - 2004/02/15(日) 14:03

こんにちは。

とても興味深い問題提起をしていただき、ありがとうございます。
そこで、たくさん質問があります。よろしければ、おつきあいください。

> 予防医学は比較的近代的な医学で、病気になる前に日ごろの健康管理から始めましょう、という考えで、成人病をはじめ、ありとあらゆる感染病はとにかく予防が一番の健康法です。


ここで成人病と結びつけてしまうのは、かなり無理があると思います。まず成人病はそもそも感染症ではありませんし、成人病の予防とは、予防接種ではなく生活習慣の改善です。

> 日本は特に健康食品、成人病予防と盛んに言われている中で、予防接種という最も有効的手段をおろそかにしがちです。アメリカはとにかく予防接種に関してはさまざまな研究で常にその安全性、効果、副作用の軽減などが確認されています。ですから、たとえば今回のような百日咳にあったような可能性としては肺炎、発作、脳への影響、死に至ったかもしれないような病気が他にもたくさんあるわけです。


ここの話の流れが良く分からないので教えていただけないでしょうか。まず、なぜアメリカの研究が引き合いに出されるのでしょうか? アメリカでの研究成果は、日本のワクチンにも取り込まれていると思うのですが、違うのでしょうか? そのあとの「ですから」が、どのようなつながりがあるのか不明瞭に感じます。病気に関しては、なにも百日咳などだけに限らず、風邪であろうと何だろうと、常に「死」のリスクが付随しています。これをゼロにすることはできません。

> 幸い今はこういった特に免疫力の少ない子供たちにとても有効な予防接種が存在するわけです。


ここは、免疫力が普通にある子供たちは予防接種を受けなくても大丈夫、ということを示唆しているように読めますが。

> 一般に要注意として副作用が掲載されていますが、これは健康な子供にはほとんど当てはまりません。よっぽど先天性の病気もちや特定の薬やなにかにアレルギーを持っているなどの子供で泣け出刃まず間違いなく安全しかも効果的です。


このあたりは、もうちょっと調べられた方がよいと思います。残念ながら、過去数十年の経験では、「先天性、病気もち、アレルギーもち」に全く関係ない人たちにも副作用が起きています。これに関しては、どのようにお考えでしょうか? 以下の文章を読んでみると、副作用の存在自体を認めていないような印象を受けるのですが。あと、効果についても、もう一度お調べになったほうがよろしいかと思います。どのような予防接種にも primary vaccine failure(予防接種をしても免疫がつかないこと)が存在します。一部の予防接種では、これが非常に高い(=効果が小さい)。

> 予防接種を受けていない健康な子供こそ感染にかかる可能性が高く、それによって危険性が伴います。是非是非お父さんお母さん、予防接種を子供たちに受けさせてください。大丈夫です。


大丈夫ですか。。。
医学の進歩の歴史は、失敗の歴史でもあります。ご専門ですからよくご存じだと思いますが、結果的に、「10年前の常識は今の非常識」となってしまうことが非常に多い。医療行為を行う側としては、その時点でのベスト・エビデンスに従っていれば医療行為が正当化されるわけですが、医療行為を受ける側としてはベスト・エビデンスなんかどうでも良くて、必要なのは「真実」のみです。予防接種でいえば、この「真実」が何なのか疑問に思うからこそ、予防接種に対して慎重な姿勢をとる人が後を絶たないわけです。後で、やっぱり間違えていました、では困るのです。医療を受ける側としては、「10年後・50年後の非常識」になるリスクを常に頭に置いているわけです。

失礼な言い方かもしれませんが、「大丈夫です」とまで太鼓判を押してしまう自信が、どこから出てくるのか不思議でなりません。最初に書かれたように、予防接種は「比較的近代的な医学」ですから、本当の評価が確立されているとは思いません。このような自信が、広い意味での医療ミスの原因となり、後で「過信」だったと後悔させているものではないでしょうか?

> 過去の予防接種において感染症も大幅に減少しました。


実際のデータを調べてみれば分かることですが、大半の病気は、予防接種が実施される前に、感染自体が大幅に減少しています。死亡者数も同様の傾向です。一般的に言われているのは、生活水準・衛生状態の改善です。もちろん、最後の一押し(根絶)をするには予防接種が不可欠です。

> しかし、地球上から全滅したわけではありません。


全ての感染症を絶滅できる、とお考えでしょうか? 大半のウイルスの自然宿主は野生動物ですから、絶滅できる可能性はゼロだと思います。それとも、ハクビシンのように、人間にとって不都合な動物は、全て「処分」してもかまわないということでしょうか?

> めったにありませんがこのように百日咳も勃発します。とくにこういった病気は空気感染などで治療が遅れるほど、またコンタクトが多いほど移りやすいので、注意しなければなりません。


そもそも、epi さんは「子供は病気に罹るべきではない」とお考えのようです。しかし、無菌室ならぬ「無ウイルス状態」で子供を育てて、本当に大丈夫なのでしょうか? 病気に対する抵抗力は? 例えば、アレルギーが増えてきたのは、過剰なまでの清潔志向だとも言われていますよね? あらゆる病気を避けるような生き方をして、果たして50年後・100年後の子供たちは健康に生活できているでしょうか。

> 私たちの年代は、はしかやおたふく、みずぼうそうというものは皆がなるものでした。感染してようやく免疫が出来るからもうかからない、安全、というのが一般的な考えでしたが、今では優れた予防接種が出来ました。予防接種によって今の子供たちは病気にかからず抗体ができるので、こうした予防病でかかる医療費、時間、付き添いなどを考えると、予防しておいた方が断然いいと思います。


予防接種の抗体は数年から数十年しか持続性がないことはご存じのことと思います。ですから、予防接種だけで抗体価を維持するには、数年おきにワクチンを接種しなければなりません。対象となる病気はたくさんありますから、毎年のように予防接種を受けることになります。現在よりも予防接種の回数を増やしていくわけですから、当然、副作用のリスクは増大していきます。

また、子供を育てるのに、医療費・時間・付き添いが惜しまれる、と考える人は、そんなに多くはないと思います。普通の人は、子供をペットみたいには考えていないものです。

アクセス数:2,020
 共感[ 5人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 1人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 1人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


 
[ お知らせ | 個人情報 | 著作権 | 禁止事項 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ ]
Copyright © 2003-2019 Kangaeroo-Net. All rights reserved.