トップ
予防接種の副作用、薬に頼らない方法など、子供の病気を中心とした育児サイトカンガエルーネット
育児サイト『カンガエルーネット』の紹介
携帯向け
 
 
(
 ゲスト
>>ログイン

メニュー
前橋レポート
 
  
(
 ユーザ登録
 
(
 掲示板
 
(
 副作用
 
(
 看病記録
 
(
 アンケート
 
(
 イベント情報
 
I. まえがき

前橋市は,1979年11月の第2回接種を中止して以来,学校に於けるインフルエンザワクチンの集団接種を中止している。これは,学校保健の第一線に立つ医師達が,その方が学童,生徒にとって利益になると判断し,前橋市長がそれに沿って決断したものである。

医師達の判断は,時間をかけた研究と討論の末であったが,接種中止に踏み切るには,それなりの勇気を必要とした。そして,学童生徒にたいする責任も痛感した。そこで,われわれはインフルエンザ流行の実態を精細に調査することとし,本研究班を組織した。そして,過去5年間活動を続けてきた。

われわれの研究は,学校保健にたずさわる者の責務の延長であって,必ずしも,学問的研究を志したものではない。にも拘らず,5年間に集積したデータは厖大なものがあり,いくつかの貴重な知見を得ることが出来た。本研究は尚継続中であり,未整理のため発表し得ない部分もあるが,現時点における研究成果の概要をまとめておくこととした。

われわれ研究の中心は,インフルエンザワクチン非接種地域における流行調査である。ワクチン集団接種中止が誤りであるならば,接種を再開するという前提での研究である。その結果,得られた成績から,接種を再開すべき理由を見出していないというのが実状である。

われわれは,本報告書において,インフルエンザワクチンの功罪にふれるつもりはない。また,ワクチンの感染予防効果,発症阻止効果をくわしく検討する予定がない。ただ,児童,生徒に対する接種が流行阻止に役立つか否か,については強い関心をもっている。そして,児童,生徒に対する集団強制接種は,検討されるべき時期にきたと考えている。

その際,検討の資料として,われわれの研究も役立つことがあろうと期待している。

 
[ お知らせ | 個人情報 | 著作権 | 禁止事項 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ ]
Copyright © 2003-2017 Kangaeroo-Net. All rights reserved.