トップ
予防接種の副作用、薬に頼らない方法など、子供の病気を中心とした育児サイトカンガエルーネット
育児サイト『カンガエルーネット』の紹介
携帯向け
 
 
(
 ゲスト
>>ログイン

メニュー
スレッド順
新規投稿
ヘルプ
 
  
(
 ユーザ登録
 
(
 掲示板
 
(
 副作用
 
(
 看病記録
 
(
 アンケート
 
(
 イベント情報
 
★管理者新型インフルエンザに対する考え方 まつ 09/09/27(日) 19:24 No.8457
母親Re: 新型インフルエンザに対する考え... 2月5日の子 09/11/02(月) 00:40 No.8480
母親Re2: 新型インフルエンザに対する考... かばきち 09/11/02(月) 17:55 No.8482
母親Re3: 新型インフルエンザに対する考... 2月5日の子 09/11/03(火) 02:34 No.8487
母親Re4: 新型インフルエンザに対する考... namy 09/11/03(火) 23:04 No.8490
母親Re5: 新型インフルエンザに対する考... 2月5日の子 09/11/06(金) 20:01 No.8506
oRe2:新型インフルエンザに対する考え... ami05 09/11/12(木) 07:15 No.8525 初投稿
父親Re: 新型インフルエンザに対する考え... たけうち 09/11/21(土) 02:40 No.8560 初投稿
母親Re2:新型インフルエンザに対する考え... NORANORA 09/11/22(日) 13:22 No.8566
父親Re: 新型インフルエンザに対する考え... たけうち 09/11/21(土) 03:05 No.8561
母親Re: 新型インフルエンザに対する考え... てん 09/11/22(日) 23:53 No.8569
母親Re2: 新型インフルエンザに対する考... koo 09/11/27(金) 01:44 No.8575
父親Re: 新型インフルエンザに対する考え... 木流 09/11/25(水) 21:50 No.8573 初投稿
その他Re2: 新型インフルエンザに対する考... ボケ爺 09/11/26(木) 10:08 No.8574 初投稿
母親Re2: 新型インフルエンザに対する考... namy 09/11/27(金) 02:48 No.8576

No.8457 : 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 まつ  管理者管理者 [お子さん1人] - 2009/09/27(日) 19:24

2週間前に相次いで、管理者あてに某テレビ局2社から問い合わせのメールが入りました。以下は、そのときの返信メールです。2週間たって何の反応もありませんでしたが(極端な意見だから!?)、せっかく書いたので、忘れないように掲示板に残しておこうと思います。みなさんの投稿も、参考にさせていただきました。

---------------------------------------------------

カンガエルーネットの管理者です。

・なぜ新型インフルエンザが怖いのか?

 →周囲から犯人扱いされるから

・なぜ予防接種を受けるのか?

 →受けないで発症した場合、犯人扱いされるから

私の周りの大多数の人は、新型インフルエンザにかかることよりも、最初の感染者になることに対して、非常に恐れています。学校や会社、近所で、非常に肩身の狭い思いをするからです。あちこちでインフルエンザが流行していますが、いま実生活で起こっていることは、まさに「犯人探し」です。

一言で言えば、マスコミの新型インフルエンザ報道と政府の過剰対応に辟易しているというのが、カンガエルーネット参加者の大方の意見だと思います。論点を整理すると、次の3つになると思います。

第1に、新型インフルエンザの恐怖をあおることは、そろそろ止めてほしい。
冷静に調べれば、死亡率は非常に低いし、死亡者も基礎疾患のある方が大半。普通の人にとっては、これまでのインフルエンザと同様、「風邪よりもちょっと強めの病気」というのが実感だと思います。

第2に、ワクチンの効果を正しく伝えてほしい。
予防接種をするのは結構ですが、予防接種・予防接種と大騒ぎして、国民の不安感をかき立てるのだけは勘弁してほしいです。あくまで、予防接種の目的は「個人レベルの症状軽減」です。決して「流行予防」を狙ったものにしてはいけない。流行予防効果は、病理学的にもおかしいし、20年前の前橋レポートの調査でも明確に否定されています。また、症状軽減効果についても、他のワクチンに比べて明らかに効果は小さい。この辺りの情報がほとんど伝わっておらず、
 1.恐怖の新型インフルエンザ!
 2.予防接種は非常に有効。他人にうつすのも防げる
 3.ゆえに、予防接種を受けない人は頭がおかしいんじゃないの?
というロジックが形成されています。

第3に、そもそも病気に対する認識を変えていくべき。
インフルエンザに自然感染すると、人体はかなり強い抗体を獲得します。ウイルスが毎年ちょっとずつ型を変えたり、(今回のように)数十年に1度の割合で大きく型を変えるのは、宿主(人間)の抗体獲得に対するインフルエンザ・ウイルス側の当然の対応策といえます。そして、この対応能力は極めて優秀。最近の例では、タミフル耐性ウイルスがあっという間に現れました。インフルエンザ・ウイルスの変異能力は、人間の科学力をはるかに上回っていると思います。
したがって、予防接種やタミフルを使って新型インフルエンザを押さえ込もうという現在の方向性は、皮肉なことに、さらに強いタイプの新型ウイルスの発生を誘発することになると予想されます。
それよりも、人間の体が本来備えている病気を治す力を再評価すべきだと思います。病気に対しては、基本は自然体。最大の予防策は、ストレスをためない健康的な生活習慣と認識。病気を治す力が失われている場合のみ(乳児、基礎疾患など)、予防接種や薬の力を借りる。
「人類の英知を結集して、インフルエンザ・ウイルスをコントロール下に置く」という傲った考え方から、「インフルエンザ・ウイルスとうまく共生していく」という方向へ、舵を切り替えるべきだと思います。このあたりは、医療関係者よりも、ウイルス専門家の意見も知りたいところです。
本来、このような大局観的な仕事は厚生労働省やWHOがしなければならないのに、厚生労働省は庶民レベルの小手先対応にあたふたしてしまっています。それが残念でなりません。

なお、個人的には、副作用のリスクは限りなくゼロだと思っています。ですから、副作用を理由に、予防接種を行うべきではないという意見には疑問を感じます。副作用問題の本質は、厚生労働省の不誠実な対応(副作用を認めようとしない)であって、副作用に対するケアを十分に行うのであれば、我々が受け入れるべきリスクの一つだと思います。

…という感じで、今の考えをまとめてみました。
何かのご参考になれば幸いです。

アクセス数:1,064
 共感[ 9人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8480 : Re: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 2月5日の子  母親母親 - 2009/11/02(月) 00:40

まつさん、こんにちは。

 ご無沙汰しています、2005年にタミフル服用後にマンションから転落死した中学生の親、2月5日の子です。

 今は、2006年にタミフルの副作用被害を訴える「薬害タミフル脳症被害者の会」の会員です。当時は、こちらにお邪魔する事ができて、自分の道が開けました。皆さん、ありがとうございました。
 あれから、NPOJIPの浜医師など多くの方に協力いただきずっとタミフルの被害(異常行動だけでなく突然死も)を訴えてきました。当時、私達の子供のような異常行動に世間の目が集まり、その危険性も少しは皆さんにわかっていただけたと思っていましたが、厚労省の研究班の調査では、幾度となく提出した要望書も全く相手にされず、いつも否定的な報告ばかりされてきました。しかし、異常行動については、2007年の2月に2名の中学生の転落死をうけて、やっと、「10代原則使用禁止」になりました。この、10代に限った発表でさえ何で?とおもいましたが、それでも危険性を知ってもらえる1歩だと思い経過の様子をみる形をとってきました。
 そして、今年2009年4月には、研究班の利益相反の件や、次々に発表する因果関係なしについて、浜医師などが解析結果にカラクリありと反論したり、いろんな大学の研究者によりタミフルが脳に移行するメカニズムの発表や、映像もあり、タミフルの副作用がある事の根拠を全て否定できなくなったのか、「異常行動はタミフルとの因果関係を否定できない」として「10代原則使用禁止」を続行すると発表したままです。

 それなのに、今回の新型インフルエンザが流行しはじめたら、いつのまにか、10代でも重症化を防ぐ為にタミフルを使用しなさい、小児や妊婦も、基礎疾患のある人も、みんな、みんな、死にたくなかったら早く服用しなさいとなって、タミフルの安全性の根拠も訂正の説明もないまま、解禁状態になってしまいました。
 それなのに、タミフル服用後に皆さん亡くなっています。すると、タミフルを早く服用しないと効かないほど新型がとんでもない強毒性のインフルエンザだという印象を与え、今度は、少しでも早く服用しろと、判定結果をまたずしてとにかく早く服用するようにと報道しはじめました。亡くなられた方々は、厚労省が薦められるように、それにしか救われる道はないと思っている医療従事者の方たちの言われるまま、本当に素直に早くタミフルを服用されたのだと思います。
 その結果、まるで新型の脳症のように言われていますが、私たちは、タミフル服用による突然死や、他にも使われたであろう薬剤による副作用だと思っています。
 私達は、NPOJIPとともに10月27日に厚労省に今まで通りタミフルの異常行動や突然死を認めるようにと、新型で亡くなったり重症化になられた方もタミフルの副作用と認め救済されるように求めた要望書を提出してました。そのあと、記者会見もひらきましたが、これだけタミフルを使用しての死亡者が出ていながら、このことを記事にしてくれた報道関係は朝日新聞大阪支社の記者一人だけでした。
 そして、今も毎日のように、新型で亡くなったという報道ばかりしています。それだけ国民に恐怖を煽るくらいなら、なぜ、救われるためにタミフルを早く服用しなさいと言っていたのに、服用するたびに死者が増えていく事に疑問をもち報道してくれる記者がいないのでしょうか?
 私達は、この新型が世間で騒がれているような強毒性の恐ろしいインフルエンザだとは全く思っていません。まして、例年の季節性に比べたら、致死率も比べ物にならないほど低く、こちらのサイトに報告されている方たちや、私達のHPや会員も、タミフルも他の薬もなしで、栄養、水分、睡眠をしっかりとってすっきり治ったという話ばかり聴いています。
 逆に言うと、今までに新型で亡くなった方たちは、タミフルさえ使わなければ(他の薬剤でも)今頃元気になられていたんじゃないかと思うと、悲しくて仕方ありません。
 先日の厚労省に出向いたときも、技官は新型が発生したころは、メキシコ、アメリカなどの情報や、間違った情報から、日本では大変な状態になると思っていたが、実際現状は季節性と変わらず大した事が無い事がわかりました。ですから、今は、冷静な対処とするようにと伝えてます。といっておられました。しかし、実際には、毎日死者の報道ばかりで騒ぎを沈静化させるどころか、この話をした次の日に私達が要望したタミフルの危険性よりも厚労省の官僚の方の記者発表の画面と早くタミフルを服用しなさいという内容の報道しかしていません。
 私達は、怖くてしかたありません。これ以上、いつもと変わらない程度のインフルエンザで亡くなる方が増えることを食い止められない事にやるせない思いでいっぱいです。
 どんな薬でも副作用あるはずです。しかし、このような重大な副作用がある事を認めないまま使用を推奨する事に我慢ができません。どうして、命を大切に思い、いままでのやり方を方向転換することができないのでしょうか。私達はずっと突然死を訴えてきました。今まさにその状態が沢山起こっているのに、どうして疑問に思わないのでしょう?
 どうか、この事を多くの人に知っていただきたいです。そして、私達人間は、自分たち自身の力で治癒することに自信をもっていただきたいです。
 凄く久しぶりにというか、突然こちらに入ってきてこんなに沢山の思いをぶつけてしまった事、お詫びします。いつも皆さんが冷静に対処されているこのサイトに感謝します。ありがとうございました。

アクセス数:7,593
 共感[ 6人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8482 : Re2: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 かばきち  母親母親 [お子さん2人] - 2009/11/02(月) 17:55

2月5日の子さん、お久しぶりです。

私も、新型インフルエンザが流行し始めたとたんに、
「新型」はこわい→特効薬のタミフルを飲まないと大変なことになる。という図式ができあがり、それが常識となって信じられ、「タミフルの副作用」についての論調が急に勢いをなくし、うやむやになってしまっていることが、とても怖いなあと思っていました。
やっと定着しつつあった「タミフルは異常行動を起こす可能性があるから注意が必要」という流れに、新型インフルエンザの恐怖のほうが勝ってしまったのでしょうね…。

活動を続けていらっしゃる2月5日の子さんたちの思いが伝わらなくなっていることに、私も何とも言えない歯がゆさを感じています。

なお、私もタミフル服用後の死者が多いことがとても気になっています。

新型と診断=何が何でもタミフルを服用、家族まで予防服用という流れは何とかならないものでしょうか…。

個人的なことになりますが、わが家にも新型インフルエンザがやってきました。
私自身も感染したようですが、熱が出たのは一日きりでした。
子どもたちも、初めてインフルエンザにかかった一番下の子こそ高熱が長期間続いていますが、小学生の子供たちはそれほどきつい症状もなく、これまでかかったインフルエンザのほうが重かった印象があります。
なお、一番下が高熱で眠れないときに一度カロナール(解熱剤)を服用しただけで、薬は何も使っていません。

このように新型インフルエンザであっても、それほど重い症状は出ず、薬なしでも快方に向かうものであるということが、なるべく広がってほしいと思います。

学校の対応も当初ほどではないもののいまだに敏感で、兄弟が感染しても出席停止という、通常の感染症よりも厳しい対応が続いています。
こういった公的な対応が続いている限り、新型インフルエンザは怖い、という風潮はまだまだ薄まらないですよね。

一連の「新型インフルエンザ」に対するいろいろな動きをみていると、とにかく「新型感染への恐怖感」というとても大きな壁があるなあ、と思います。

でも、私が見ているところでも、ネットニュースなどでも少しずつタミフルの副作用について取り上げるところも出てきているようです。
少しずつでも、またタミフルや薬に対する危険性について、もっと皆さんが考えられるような報道が広がるといいのですが。

アクセス数:7,233
 共感[ 2人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8487 : Re3: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 2月5日の子  母親母親 - 2009/11/03(火) 02:34

かばきち さん ご無沙汰してます。
ご家族様みなさんの状況も教えていただいて、また、私の疑問にも一緒に考えてくださり、ありがとうございます。
みんな、家族がお互いを思いやり、ゆったりとした気持ちで病気に向合えれば、心配な事も軽減できるような気がします。
声をかけてくださって元気がでました。また、明日からも頑張れます。ありがとうございました。

アクセス数:6,992
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8490 : Re4: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 namy  母親母親 [お子さん3人] - 2009/11/03(火) 23:04

2月5日の子さん みなさん こんばんは namyです。

お久しぶりです。
世の中に向かい合うことは本当にエネルギーの要ることで、
それを継続的にされていること、本当に尊敬しております。

我が家は9月のはじめに真ん中娘が罹患しました。
(長男、次男は結局その時は発熱せず、鼻水&咳は類似)
当時は学校でも会社でも最先端で、対応にいろいろ苦慮しました。
(→詳しくは、看病記録に記載)

その後、学級閉鎖も断続的にきつつも、長男のクラスは0記録を
更新していたのですが、先週15名発生を記録した日の午後より
学級閉鎖となりました。彼は、妹の時に「あの時、きっと軽く
罹っちゃったから、俺はきっと大丈夫!」と自信満々です。
確かに、隔離するような部屋もなく、、、ではありましたが^^;。
自主的登園自粛、登社自粛はできる限りがんばりました。
広まれば、それだけ、ウイルスの変異を早めることは確かだと
思うので。会社の仲間には本当に感謝しています。

だから、次は、他の方が罹患した場合にはお返しができるよう、
ゆっくり休めるように、適切な情報が手に入るように、と、私の
できることでお役に立てたらなぁと思いながら、過ごしています。

自分が納得できる選択をするにも、仲間、ネットワーク、情報は
重要だと思います。

アクセス数:6,883
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8506 : Re5: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 2月5日の子  母親母親 - 2009/11/06(金) 20:01

>namyさん こんばんは。

 こちらのサイトはいつも参考になります。
今回の新型インフルエンザの件でも私達のHPへの質問もすごく多くなっています。一般の方だけでなく、医療現場の方もタミフルの注意を患者さんにお伝えしずらいほどタミフル神話が蔓延しているようです。タミフルや薬剤の害を訴え続けるのって大変ですね。
 それでも、息子の件でこの問題に出会ってしまったのですから、ライフワークと思ってじっくりやっていきます。今の危険な状態からすると迅速な結果を望まなければなりませんが、諦めずにやっていきます。

アクセス数:6,736
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8525 : Re2:新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 初投稿 ami05 - 2009/11/12(木) 07:15

はじめまして。初めて書き込みします。私には3歳の息子がいるのですが、もしインフルエンザになったら死んでしまうのではないかと思うくらい怖いです。やはり毎日目にするインフルエンザによる小児の死亡例や、発症したらすぐにタミフル投与しないと重傷化するなど、マスコミの報道で更に不安になっています。ワクチンは打った方が有効などと、小児の場合は2〜3割程度なのに、ワクチンするとかかっても軽く済むとか重症になりにくいとか本当なんでしょうか?最近の死亡例はタミフル使用後に急変して死亡してますよね。タミフルの事を色々調べたら、タミフルが脳に達して脳が麻酔?のような状態になって突然死に至る。動物実験ではタミフルを投与した後死亡したと書かれていました。副作用に肺炎とありましたが、新型は肺炎になってる方が多いですよね?それもタミフルの副作用なのではないでしょうか?それなのに、今度はもっと早くにタミフルを飲んでいれば…などと、インフルエンザで死亡した人はタミフルのせいではないのか?と思ってしまいます。インフルエンザになっても回復された方は沢山いますよね。インフルエンザにかかったお子さんの看病記録など拝見して、タミフルを使わなくても回復するんだ!と、とても心強くなりました。タミフルをすぐ出す医者も怖いです。タミフルを使わなくても、普通の風邪と一緒で自然と回復しますから大丈夫ですよと言ってくれる医者の方がいいです。信用できる医者がいないのでそれも困るのですが。もうこれ以上死者が出ないで欲しいです。いつになったらタミフルによる突然死を認めるのでしょうか。

(  携帯からの投稿です )

アクセス数:6,280
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8560 : Re: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 初投稿 たけうち  父親父親 - 2009/11/21(土) 02:40

http://h5n1flu.blog56.fc2.com/blog-entry-81.html

このあたりでもいろいろ書かれていますね。
喘息持ちの人なら通常の季節性インフルエンザすらできればかかりたくはないものです。リスクが健康な人に比べて跳ね上がりますからね。それよりきつい新型では当然です。とにかく重要なのは決して侮ってはいけない、対応は早くしないといけないということですね。

あと、「サイトカインストーム」でも調べてみてもいいかもしれません。インフルエンザで肺炎を起こすメカニズムがよくわかります。
今回のインフルエンザの初期にメキシコで若者の死者が頻発したのはこのサイトカインストームによるものとの専門家の意見もあります。
自己免疫の暴走・・。下手に免疫が高くても危険ということになるのでしょうか。とにかく早めに医者にかかることが重要ですね。呼吸器疾患を持っているならなおさらだと思います。

私自身、喘息持ちで今回の新型インフルエンザワクチンの最優先接種者として接種を受けました。妻も看護士であり同様に接種していますが、接種部の腫れなどを含めなんら副作用は認められませんした。問題ありませんでしたね。

今後小学2年生の娘と幼稚園児の息子の2名にもできればワクチン接種をさせるつもりです。

アクセス数:5,018
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8566 : Re2:新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 NORANORA  母親母親 - 2009/11/22(日) 13:22

予防接種の副反応というのは、接種した直後に出るものだけではなく、何年もしてからでないと解らない副反応もあります。

添加物で使われているチメロサールがその一つです。
自閉症の原因のひとつではないかとも言われています。
新型の予防接種では、妊婦にはチメロサールが添加されてないものが使われているようですが、胎児に悪影響があるかも知れないものを乳幼児に接種して問題ないのでしょうか?

例えば、無農薬の野菜を食べている人に「無農薬でない野菜を食べたけど体に何の影響もありませんでした」と言うのと似ていると思うのですが

(  携帯からの投稿です )

アクセス数:4,868
 共感[ 3人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8561 : Re: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 たけうち  父親父親 - 2009/11/21(土) 03:05

それとこれも重要なことですが、上記のサイトでこうあります。

インフルエンザワクチンはもともと感染を阻止できる薬ではありません。
感染しても速やかに免疫系が働いてインフルエンザウイルスにより臨床症状の急激な悪化を抑えてくれるだけです。
被害を少なくできる予防薬です。

インフルエンザ薬は、これもまた、飲めば治る、というものではなくて、基本的にはウイルスが細胞の外に出てくるところをたたいてその増殖を抑える薬です。
被害を少なくできる頓用薬です。

どちらも単独で完全な薬ではありませんし、どちらも予想と外れたり、耐性が出たりで、ウイルス側が変わってしまったことにより空振りでまったく効かないこともあります。と。

それで考えてみますと、季節性のインフルエンザワクチンを打ってもまったく意味が無かった。そういうことはありますが、それは流行予測の「型が合ってなかった」ということも考えられると思います。
しかし今回の新型インフルエンザワクチンは「そのものの型に対しての」ワクチンです。効果はあるのではないでしょうか?
さらに抗インフルエンザ治療薬についても副作用以上の効果が期待できるのなら使うべきだと思います。
罹らない、でなくてもいいんです。罹っても重症化しない。
これが呼吸器系の疾患を持つ人にとって重要だと思います。

それと特に肺炎が怖いわけですが、子供の場合通常の風邪でも咳、痰が続き、さらに高熱が3日も続けば肺炎になっている可能性もあります。
呼吸状態や活動状況をよく観察するべきですね。
最初一回受診したきりで、5日も高熱が出ている状態のまま家で寝かせておくのはかなり危険だと私は思いますね。
経験として、私の下の息子が1歳の時、3日熱が続いたその朝、ぐったりして顔色も悪かったので病院へ行ったところ、酸素濃度が80を切っている状態で肺炎と言われ、挿管寸前でICUに入ったことがあります。

それ以来まず受診し、さらに2日熱が続くようなら再度診察させるように心がけています。

アクセス数:5,046
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8569 : Re: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 てん  母親母親 - 2009/11/22(日) 23:53

現在喘息児である子供に予防接種をうけさせるかどうか悩んでいる母親です。

たけうちさんのおっしゃる「感染は防げないけれど重症化を予防する」という説ですが、私も医師にこう説明されました。その後自分自身でも確認したくていろいろと調べてみているのですが、どうもそのような明確なエビデンスがみあたりません。もし、その情報の根拠になるようなご報告をご存知でしたら教えていただけるとありがたいです。

またインフルエンザの重症化というと肺炎、心筋炎、脳症あたりかと思われますが、それぞれにウイルス自体の増殖、過剰な免疫反応と発症の原因が違うのでそのあたりの違いも含めて何に対しての重症化予防なのかという説明がどこをみてもみあたらないというところもいまひとつ納得できず(たけうちさんのお話についてではなく一般的にいわれている説明に関してです) 。

もちろん喘息にとって気道感染が発作の引き金であることは理解しているのですが、ワクチンがそのこと自体に対して何か効果があるのか、それともワクチンによってひとりでもかかる人が減ればそのぶんだけ発作も減るということなのか?前者の論はみあたらないのですが後者だとしたら乳幼児のワクチンがその用量も年齢によっては海外の半分近くであったり、もともともっている免疫を刺激するというワクチンの性質上、大人に比べて乳幼児にたいしてはワクチンの効果が限定的であるという事実の中で季節性、新型とこの流行時に4回病院に行くリスクってけっこう高くないかしら?と考えたり、悩みがつきません。

ワクチン反対、ワクチンうつべき、いずれもいろんな情報をしって考えたいとおもっています。この掲示板に集う方がたとも情報交換できるとありがたいです。

アクセス数:4,744
 共感[ 2人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8575 : Re2: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 koo  母親母親 [お子さん3人] - 2009/11/27(金) 01:44

興味深く読んでいます。
喘息のことではなくてすみません。
こどもたちに心配な脳症について私が聞いたことです。
3年前に聞いたことで、季節性インフルエンザについての話でしたが。

厚生労働省インフルエンザ脳炎・脳症研究班の森島先生は、
「ワクチンによってひとりでもかかる人が減ればそのぶんだけ脳症を発症する人が減る」
という理由でワクチンを勧めるとおっしゃいました。
それまでの研究では、一旦インフルエンザを発症してしまえば、
ワクチン接種の有無は脳症の発症には関係がなかったとのことでした。
脳症の重症度に関与するかどうかは、忘れました。

小児に関しては、接種しても罹患しない確率が3割ほどとされるが、それでも推奨されますか?
と質問しましたが、それでもリスクが少しでも減るなら、
という苦しい回答でした。

脳症を考える会でしたので、どちらかというとワクチン推奨な方が多かったはずの会での話です。
どこかに研究結果が落ちているかと思うのですが、自分で探せないので、とりあえず書き込みました。失礼しました。

アクセス数:3,789
 共感[ 1人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8573 : Re: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 初投稿 木流  父親父親 - 2009/11/25(水) 21:50

> 2週間前に相次いで、管理者あてに某テレビ局2社から問い合わせのメールが入りました。以下は、そのときの返信メールです。2週間たって何の反応もありませんでしたが(極端な意見だから!?)、せっかく書いたので、忘れないように掲示板に残しておこうと思います。みなさんの投稿も、参考にさせていただきました。
>

> ---------------------------------------------------

>

> カンガエルーネットの管理者です。

>

> ・なぜ新型インフルエンザが怖いのか?

>

>  →周囲から犯人扱いされるから

>

> ・なぜ予防接種を受けるのか?

>

>  →受けないで発症した場合、犯人扱いされるから

>

> 私の周りの大多数の人は、新型インフルエンザにかかることよりも、最初の感染者になることに対して、非常に恐れています。学校や会社、近所で、非常に肩身の狭い思いをするからです。あちこちでインフルエンザが流行していますが、いま実生活で起こっていることは、まさに「犯人探し」です。

>

> 一言で言えば、マスコミの新型インフルエンザ報道と政府の過剰対応に辟易しているというのが、カンガエルーネット参加者の大方の意見だと思います。論点を整理すると、次の3つになると思います。

>

> 第1に、新型インフルエンザの恐怖をあおることは、そろそろ止めてほしい。

> 冷静に調べれば、死亡率は非常に低いし、死亡者も基礎疾患のある方が大半。普通の人にとっては、これまでのインフルエンザと同様、「風邪よりもちょっと強めの病気」というのが実感だと思います。

>

> 第2に、ワクチンの効果を正しく伝えてほしい。

> 予防接種をするのは結構ですが、予防接種・予防接種と大騒ぎして、国民の不安感をかき立てるのだけは勘弁してほしいです。あくまで、予防接種の目的は「個人レベルの症状軽減」です。決して「流行予防」を狙ったものにしてはいけない。流行予防効果は、病理学的にもおかしいし、20年前の前橋レポートの調査でも明確に否定されています。また、症状軽減効果についても、他のワクチンに比べて明らかに効果は小さい。この辺りの情報がほとんど伝わっておらず、

>  1.恐怖の新型インフルエンザ!

>  2.予防接種は非常に有効。他人にうつすのも防げる

>  3.ゆえに、予防接種を受けない人は頭がおかしいんじゃないの?

> というロジックが形成されています。

>

> 第3に、そもそも病気に対する認識を変えていくべき。

> インフルエンザに自然感染すると、人体はかなり強い抗体を獲得します。ウイルスが毎年ちょっとずつ型を変えたり、(今回のように)数十年に1度の割合で大きく型を変えるのは、宿主(人間)の抗体獲得に対するインフルエンザ・ウイルス側の当然の対応策といえます。そして、この対応能力は極めて優秀。最近の例では、タミフル耐性ウイルスがあっという間に現れました。インフルエンザ・ウイルスの変異能力は、人間の科学力をはるかに上回っていると思います。

> したがって、予防接種やタミフルを使って新型インフルエンザを押さえ込もうという現在の方向性は、皮肉なことに、さらに強いタイプの新型ウイルスの発生を誘発することになると予想されます。

> それよりも、人間の体が本来備えている病気を治す力を再評価すべきだと思います。病気に対しては、基本は自然体。最大の予防策は、ストレスをためない健康的な生活習慣と認識。病気を治す力が失われている場合のみ(乳児、基礎疾患など)、予防接種や薬の力を借りる。

> 「人類の英知を結集して、インフルエンザ・ウイルスをコントロール下に置く」という傲った考え方から、「インフルエンザ・ウイルスとうまく共生していく」という方向へ、舵を切り替えるべきだと思います。このあたりは、医療関係者よりも、ウイルス専門家の意見も知りたいところです。

> 本来、このような大局観的な仕事は厚生労働省やWHOがしなければならないのに、厚生労働省は庶民レベルの小手先対応にあたふたしてしまっています。それが残念でなりません。

>

> なお、個人的には、副作用のリスクは限りなくゼロだと思っています。ですから、副作用を理由に、予防接種を行うべきではないという意見には疑問を感じます。副作用問題の本質は、厚生労働省の不誠実な対応(副作用を認めようとしない)であって、副作用に対するケアを十分に行うのであれば、我々が受け入れるべきリスクの一つだと思います。

>

> …という感じで、今の考えをまとめてみました。

> 何かのご参考になれば幸いです。


(^o^)

こんばんは。木流です。

おっしゃる通り!

まったく同感です!

このようなことが理解できていない人が多いと思います。

理解できていないというか、やはり

マスコミ、厚生労働省等の報道に踊らされているとでも言いましょうか、、、

不安心理をあおりすぎている気がして仕方ありません。

新型にかかったら命が危ない!と誤解されかねない報道記事に

少々うんざりしています。

死傷者数だけ考えればよっぽど交通事故のほうが多いのに、、、

考え方次第では交通事故が心配だから学校に来てはいけません!

というような感覚で、

クラスに2〜3人インフルになるとすぐに学級閉鎖。。。。

また、近所の病院でもインフル予防にワクチンを打ちましょう!

なんてポスターが貼ってあったり、

ラジオでもしきりにワクチン接種のご案内。。。。

大騒ぎしすぎな日本に喝!そんな今日この頃です。

アクセス数:4,199
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8574 : Re2: 新型インフルエンザに対する考え方
( 返信 )
 初投稿 ボケ爺  その他その他 - 2009/11/26(木) 10:08

医療やインフルエンザについては全くの素人ですが、長年繊維製品の商品開発を手掛け、現役をリタイアした今もマスクなんかに関わっています。今年の春のマスクが無いマスクが無いの馬鹿騒ぎ、今度はワクチンが足りない、輸入だ、タミフルだというメディアの報道には違和感を覚えます。
マスクについては産地の中国はしこたま儲けたでしょうが、後から飛びついた業者はマスク在庫に頭を抱えている状況です。

メキシコ発の豚インフルはA型H1N1・H2N3、今日本で流行っているのはA型H1N1、単なる小変異したスペイン風邪やソ連風邪の亜種に過ぎないのではないでしょうか。詳しく調べれば差異があるのでしょうが、この程度のことで季節性だの新型だのと区別する必要は無いと思います。。

鳥インフルのH5N1あるいは人に感染したことがないインフルが出てきたときにはどんな騒ぎ方をするのでしょうか。

このカンガエルーネットはどちらかといえばワクチン、タミフルの懐疑派の方が多いようです。これに反論される方がどんどん出てくるともっと深まった議論になるのではないでしょうか。

アクセス数:4,088
 共感[ 0人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


No.8576 : Re2: 新型インフルエンザに対する考え方(前橋レポート)
( 返信 )
 namy  母親母親 [お子さん3人] - 2009/11/27(金) 02:48

木流さん みなさん こんばんは namyと申します。

自己紹介拝見しました。前橋レポートを探して来て下さったそうで、ありがとうございます。
我々も前橋レポートにたどりつくまでに羽陽曲折ありました。
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

”予防接種をするかしないかは、決して目先の利益だけで判断すべきではありません。「子どもたちにとって、長期的にみて利益になるかどうか」という問題意識から作成された前橋レポートは、どちらかというと親の視点に近いものだと思います。 ”

予防接種の接種判断を迫られた親として、私は子どもの将来まで考えて、どちらが我が子にとっていいのか判断をしたいと思いました。
この親の気持ちに沿った長期間の追跡研究成果は、なかなかないです。我々も探しあぐねている間に、20年以上前のオリジナルを容易には見られない研究成果までいきついてしまったわけです。

全文読み解くには、結構パワーが必要ですので、ご興味のある方は
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_point.html
こちらだけでも、ご一読いただければ、幸いです。

また、専門家・研究者の方がもしこの前橋レポートをご覧になっていただけたら、EBM導入以前の手法と一蹴することなく、この研究成果の根底に流れている考え方を汲んで、ご自身の新しい研究に生かしてほしいと思っています。
前橋レポートの5年に及ぶ追跡調査のような長期的な研究デザインや『予防接種の考え方』(由上修三、大月書店、1992、ISBN-4272401521)に記されている理念をもう一度再確認していただきたいと思っています。

『予防接種が医療行為であるならば、医師は被接種者の利益を考え、十分な科学的根拠を持もち、厳格な注意義務を果たして、被接種者の期待と信頼にこたえなければならない。また、被接種者に接種の利益とリスクを説明して、被接種者の判断を求め、その同意の上で接種することが必要である。これらは一般の医療における原則であるが、予防接種においてこれらの原則がしばしば省略されること、世間もこれを容認する傾向があることに注意しなくてはなるまい。
 まして、予防接種は人体に危害を加える医療行為である。その点では、外科手術と同等の医療行為である。異物、それも病原体の一部または全部を体内に入れるのであるから、かならず何らかの副反応(副作用)をともなう。これは不可避の事実であって、副反応のないワクチンは皆無である。したがって、厳格な注意義務とインフォームド・コンセント(説明と同意)が求められよう。
 医療は科学である。したがってその行為は科学的必然性がなくてはならない。「法律で決められているから」とか「厚生省の通達に従って」とかの判断を科学的判断に優先させてはならないのである。
(中略)
この注射がどうしても必要なのか、その効果はどれほどの確実性が証明されているか、接種をしない場合のリスクは将来の幸福を左右するほどのものか、不幸にして副反応の被害を受けた場合、それを背負う覚悟があるのかと、医師も被接種者もその保護者も、真剣に考慮しなければならないであろう。かりにも「やらないようりましだろう」式の安易な態度で予防接種にのぞんではならないと思う。』

被接種者のいち保護者としては、四半世紀近く前に、上記の内容を「はじめに」に書き残さるような医師がいらっしゃったことに感謝しています。

アクセス数:3,964
 共感[ 4人] 共感します! 役に立ちました!
 不快[ 0人] ケンカ腰の投稿は不快です
 難解[ 0人] もっと易しい表現でお願いします
 
ツリー非表示
スレッド一覧
印刷用
 / 
 / 
 / 
返信
修正
削除


 
[ お知らせ | 個人情報 | 著作権 | 禁止事項 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ ]
Copyright © 2003-2019 Kangaeroo-Net. All rights reserved.